もう迷わない!メンズのカラーシャンプーの選び方&おすすめカラーシャンプー8選

HAIR

今季のトレンドヘアカラーは明るめ!
ということで、ヘアカラーの色落ちを防いでくれるカラーシャンプーを使っている人も多いのでは?
今回は、カラーシャンプーの選び方と比較を、美容師スタッフのコメントと一緒にお伝えします!

カラーシャンプーとは?

カラーシャンプーとは、カラー染料の入ったシャンプーのこと。
洗うだけでカラー染料が髪に浸透し、色落ちを防いだり、発色をキレイにしてくれたりします。

ヘアカラーに色味によって選ぶことができ、パープル、アッシュ、ピンク、シルバーなど、様々な種類が販売されています。

カラーシャンプーの選び方

カラーシャンプーを選ぶ時のポイントは、「色味」「泡立ち」「洗浄力」「きしみ」「容器」の5つ。

「色味」

自分の髪色に合わせて選ばないと、カラーシャンプーが本来の力を発揮できません。
また、合わない色を選んでしまうと、思っていたのと違う色になってしまったりするので要注意。

寒色系のカラー(アッシュ、グレーなどの赤みをおさえた色)の場合はアッシュやパープルなど、暖色系のカラー(レッド、ピンク、オレンジなど)の場合はピンクやオレンジなどがおすすめ。
ブリーチした金髪には、シルバーやパープルを使うと黄ばみをおさえられます。

「泡立ち」

カラーシャンプーは一般的に、泡立ちにくいものが多い傾向があります。
泡立ちがよくないと、髪全体に均一に行き届かず、ムラのある仕上がりになってしまいがち。
キレイな仕上がりのためにも、よく泡立つものを選ぶのがおすすめです。

「洗浄力」、「きしみ」

カラーシャンプーは「カラーを入れる」ことを一番重要視して作られているため、洗浄力やダメージケアなどが弱いものが多い傾向にあります。
また同じ理由で、洗いあがりにきしみを感じやすいことも。
その場合は、普段のシャンプー・トリートメントも併用するようにするといいかと思います。

「容器」

カラーシャンプーに限ったことではありませんが、シャンプー容器の形状は、使いやすさに大きな影響があります。
いろいろな種類がありますが、片手で開け閉めできるものや、押すだけのポンプタイプなどが使いやすくておすすめです。

おすすめカラーシャンプー8選

ILOA イロア カラーシャンプー

発色ナンバー1!
カラーシャンプー特有の泡立ちの悪さ、髪の軋みを改善し、カラートリートメントと同等の色づきを目標に開発されたカラーシャンプー。混ぜてオリジナルの色を作るのも◎!

カラーバリエーションは、ピンク、パープル、アッシュ、ベージュ。

美容師スタッフコメント

ブリーチ回数1回程度の、少し明るめな髪でも色が入ります。
ピンクはより鮮やかに。パープルはブリーチ後の黄ばみを消して白に近い色に。アッシュはトレンド感のあるくすみカラーに。ベージュはカラー後の艶のあるブラウンを美しく維持します。
ベージュは他の色と混ぜるとナチュラルに発色させるのでおすすめです!

Iroplus イロプラス

独自の染料選定により色素を均一に補充することで、キレイなサロンカラーをキープします。
さらにアルガンオイルやシアバターを配合することで、滑らかな質感へと導きます。

カラーバリエーションはミルクベージュ、ピンク、アッシュ、パープル、ブラウン。

美容師スタッフコメント

どのカラーも色は濃い目ですが、暗めに染まるのでハイトーンのままカラーを入れたい方は注意が必要です。ピンクは赤寄りに、パープルは黄ばみ消しではなく紫に発色します。ポンプ式の小さ目ボトルが使いやすく邪魔にならないのもポイントです。

THROW スロウ カラーシャンプー アッシュ

“色感・透明感・抜け感”を引き立たせるヘアケアシリーズ。
独自処方で染料の流出を防ぎ、質感とツヤを向上させます。
頭皮と毛髪を健やかにする「ボタニカルオイル&エッセンス」配合。

カラーはアッシュの1色のみ。

美容師スタッフコメント

アッシュのみの展開で、染料が濃く発色はかなりいいです。
粘度が高く泡立たせにくいため、髪全体に均一に伸ばせずムラになる可能性があります。そのため、しっかり混ぜて使うことがポイント。
また、洗浄力は低めなので、一般的なシャンプーとの併用がおすすめです。

グッバイイエロー/オレンジ

結果が出る黄ばみ・オレンジみ消し!
ブリーチ後のカラーメンテナンスに特化したカラーシャンプーです。
寒色系カラーをキープしたい方におすすめ。

グッバイイエロー、グッバイオレンジの2色展開。

美容師スタッフコメント

染料が濃く放置時間を必要としないので、いつものシャンプーの代わりに使用するだけで簡単にカラーメンテナンスが可能です。
色味はイエロー・オレンジともに深い色に発色するので、ブリーチを数回しても理想の色にならないという方におすすめ。
鮮やかさ、柔らかさが欲しい方には使いにくいかもしれません。

SOMARCA ソマルカ カラーシャンプー

ヘアカラーした髪のための色素成分と洗浄成分とぜいたくな泡で、髪をいたわりながら、サロンでカラーした色味をキープします。
同シリーズの”カラーチャージ”(カラートリートメント)の使用で、より色味を長持ちさせます。

カラーバリエーションは、パープル、ピンク、アッシュ、ベージュの4色。

美容師スタッフコメント

発色がナチュラルなので、カラーシャンプー初心者にも使いやすいですが、ピンクは赤寄りに発色するので注意が必要です。
また、洗浄力が弱いので丁寧に洗う、二度洗いする、などの工夫をおすすめします。

ROYD ロイド カラーシャンプー

20種類の天然保湿成分を配合されているので、傷みやすいカラーしている髪もしっとり滑らかに洗い上げます。フルーティーなトロピカルの香りにも癒されます。

カラーバリエーションは、シルバー、ピンク、ムラサキ、ブラック、ブラウン。

美容師スタッフコメント

発色は弱めで、色味もピンクはブラウン寄りに、シルバーは緑寄りに、パープルとベージュは黄味が残ります。
さらに、洗浄力はかなり低いため、二度洗いか通常のシャンプーとの併用を公式でも推奨しています。
大容量のポンプ式で使い勝手が良く、ロングの方でも使いやすいです。

CALATAS カラタス ヒートケア

褪色の原因となる洗髪時に補色することで色落ちを防ぎます。
ドライヤーやヘアアイロンの熱に反応して補修保護する“HEAT CARE”でサロン帰りのヘアカラーとサラサラなツヤ髪を持続させます。

カラーバリエーションは、パープル、ピンク、シルバー、ブラック、クリア。

美容師スタッフコメント

かなり染料が薄いので、カラーしたてで色味を変えたくない方、失敗したくない方にオススメです。
シルバ―は濃いですが、緑寄りに発色します。
ヒートケアで熱ダメージから髪を守りながら、上品で優しいナチュラルな香りに癒されます。

N. エヌドット カラーシャンプー

絶妙な染料バランスで、色が濃く入りすぎる心配がありません。
ヘアカラーの染料の流出を抑えるティントロックポリマーを配合し、サロンで染めたヘアカラーを美しく長持ちさせます。

カラーバリエーションは、ピンク、シルバー、パープル、ブラック、ベージュ。

美容師スタッフコメント

染料が薄いので、サロンカラーの褪色を防ぎながら、穏やかに色落ちを楽しみたい方にオススメです。その中でもベージュは特に薄めで、アッシュは緑寄りに色付きます。
発色は弱めですが、シャンプーらしいフローラルな香りで、洗いあがりの質感も良好なのが特徴的です。