メンズにおすすめ!スタイリングオイルの選び方・使い方とおすすめオイル5選

ITEM

大人気のウェット感・濡れ感のあるスタイルや、毛先のパサパサ感対策、髪の広がりやくせが気になる方などにピッタリの「スタイリングオイル」。
ヘアケア用のヘアオイルとは違う「スタイリングオイル」の中から、メンズにおすすめなアイテムを集めてみました!

スタイリングオイルの選び方

スタイリングオイルは、大きく分けて「しっとり系」と「さらさら系」の2種類があります。
髪質や仕上がりイメージ、お悩みなどに合わせて選ぶのがおすすめです。

しっとり系がおすすめの方

・髪が太い・硬い・多い・剛毛
・髪のボリュームを抑えたい、重めの仕上がりが好み
・くせ毛が気になる

さらさら系がおすすめの方

・髪が細い・やわらかい・少ない・猫っ毛
・髪にボリュームが欲しい、軽い仕上がりが好み

スタイリングオイルの使い方

スタイリングオイルは、基本的には乾いた髪につけるオイルです。

ヘアスタイリングの仕上げとして、オイルを適量手にとり、伸ばします。
髪の短いメンズは、1~2滴程度から、少しずつ調整していってください。

耳の裏側あたりからオイルを馴染ませ、余ったオイルで顔回りや前髪などの髪表面をスタイリングしていきます。

しっかりとしたウェット感が欲しいタイトなスタイルの場合は少し多めに。
ふんわりしたスタイル、パーマスタイルなどの場合は、髪の内側からオイルをなじませるイメージで、もみ込むように。
ロングスタイル、毛先に無造作な動きが欲しいなどの場合は、毛先を中心に少量つけていきます。さらさら系のオイルがおすすめ。

オイルの量が多かったり、頭皮・頭頂部付近にたくさんつけたりしてしまうとベタついたように見えてしまって、「髪を洗ってない人」みたいになってしまうので注意!

おすすめスタイリングオイル5選

おすすめその1 LUTY ルーティー スタイリングオイル

幅広い髪型・髪質に対応したスタイリングオイル

大人気の「LUTY」シリーズから新登場したスタイリングオイル。
髪質に合わせて2種類(リッチ/ライト)から選べます。
髪になじんでべたつきにくく、量の調節がしやすいポンプ式。
スタイリングオイル初心者の方にも使いやすいスタイリングオイルです!
手に残ったオイルは、そのままハンドケアにも使えます♪

おすすめその2 N. エヌドット ポリッシュオイル

天然由来原料のみでできたスタイリングオイル

発売以来、ずっと人気なスタイリングオイル。
少し重めなオイルなので、髪が太い・硬い・多いという方、髪が広がりやすい方などに特におすすめ。
こちらも、ハンドケアにも使えます!

おすすめその3 モロッカンオイル

スタイリングオイルとしても優秀な、大人気ヘアオイル

モロッカンオイルと言えば洗い流さないトリートメントとして大人気のヘアオイル。
実はスタイリングオイルとしても使えるんです。
スタイリングの仕上げのツヤ出しや、ヘアアイロンの前に使うのがおすすめ!

おすすめその4 NiNE ナイン マルチスタイリングオイル

指通りのよさにこだわりぬいたスタイリングオイル

植物オイル特有の油臭さが少なく、指通りの良さにこだわったスタイリングオイル。
仕上がりの好みに合わせて、2種類(リッチ/ライト)から選べます。
植物由来成分を98%以上使用した、肌にも使えるオイルです。

おすすめその5 ジオ スタイリング パワーオイル クリエイティブホールド

オイル成分をたっぷり配合した、ワックスタイプのスタイリングオイル

高いホールド力を備えた、珍しいタイプのスタイリングオイル。
ワックスのような使い勝手と、オイル特有のツヤのある仕上がりが特徴です。
しっかりとキープしながら、濡れ感も欲しい方におすすめ。