【スキンケア】紫外線の季節がやってきた!メンズこそUVケアが大切!日焼け止めの選び方

OTHER

男女問わず、印象をよくするのに重要な「清潔感」。
髪や服を整えていても、肌がボロボロだと台無しです…。
今回は肌トラブルの原因になる事も多い、紫外線対策についてご紹介!

紫外線を浴びることで肌はどうなるのか?

肌が黒くなったり、赤くなって炎症を起こす日焼けはもちろん、シミ、シワ、たるみ、目の下のクマ(茶クマ)などの原因になります。
その他にも、免疫力の低下、皮膚がんや白内障の原因になる、などなど、いろいろな悪影響があると言われています。

紫外線ケアはどうすればいいのか?

一般的で簡単なのは、「日焼け止めを使う」事。
夏しか使わない、という方も多いのですが、紫外線は1年通して降り注いでいます。
季節問わず、使うようにしましょう。

日焼け止めの選び方

日焼け止めには、「SPF」「PA」といった数値や記号が書かれています。
また、クリームタイプやスプレータイプなど、種類も様々。
季節や用途によって、使い分けていきましょう!

「SPF」って何?

日焼け止めに記載されている「SPF」。
「SPF30」「SPF50」といった表記になっています。
「SPF」とは、紫外線の影響で肌が赤くなりはじめるまでの時間を何倍に伸ばしてくれるか、という数値です。
例えば何も塗らずに紫外線を浴びると10分で肌が赤くなる人の場合、SPF30の日焼け止めを塗ると、「10分×30」で300分。
約5時間程度の効果が期待できる、という事になります。

日常生活(散歩や買い物など)ではSPF10~20程度、炎天下でのレジャーや海水浴などではSPF50、など、場面に合わせて使い分けることがおすすめ。
また、汗や、服とのこすれなどで落ちてしまことがあるので、SPFに関わらず2~3時間おき程度で塗り直すようにすると安心です。

「PA」って何?

SPFと一緒に日焼け止めに書いてある「PA」。
「PA+」「PA++」などといった表記になっています。
これはシミやたるみ、肌が黒くなる、といった影響を防止する強さを表しています。
「PA」の後の「+」が多いほど、効果が強いもの、という事になります。

日焼け止めの種類について

日焼け止めには、クリームタイプ、ミルクタイプ、ジェルタイプ、スプレータイプなどなど、様々なタイプがあります。

クリームタイプやミルクタイプ、ジェルタイプ等の手に出して塗るタイプの日焼け止めは、顔や体など、幅広く使える最も一般的なタイプです。持ち運びや塗り直しがしやすい、伸びが良く塗りやすい、といったメリットがあります。ただ、背中など、手が届かないところは自分で塗ることが難しいタイプです。

スプレータイプは、背中や髪等、クリームタイプなどでは塗りにくい箇所へ簡単に塗ることができるタイプです。手を使わず塗れるので、手を汚さずに使える、広範囲に手軽に塗ることができる、などのメリットもあります。ただ、周囲に飛び散ってしまったり、塗りムラができてしまったりすることもあります。

また、香り、敏感肌用、通常の洗顔で落とせるか、なども選ぶ基準になってきます。

日焼け止めの使い方

簡単に言ってしまうと、適切な量を、適切なタイミングで塗る!という事。
それぞれの「適切」を解説!

どれくらい塗ればいいの?

塗る箇所によって適切な量は異なりますが、効果を考えると、気持ち多めに塗るのがおすすめ。
薄く延ばすというより、均等にカバーするような感じを意識しましょう。
顔に塗る場合は、額、頬、鼻、顎に少しずつ置いてから延ばすとムラになりにくい。
ただ多すぎると、ベトついたり白残りしてしまったりするので注意!

いつ塗ればいいの?

顔の場合は、朝の洗顔後、化粧水で保湿をしてからが日焼け止めを塗るタイミングです。
体の場合は顔と同じタイミング、もしくはお出かけ前に塗るようにします。
その後、2~3時間おきに塗り直すようにするとベスト!

落とす時はどうすればいい?

日焼け止めには、落とす時にクレンジングが必要なものと、通常の洗顔で落とせるものがあります。
商品に記載があるので、必ず確認するようにしましょう。

クレンジングが必要なのに通常の洗顔のみ、等を続けていると、肌荒れやニキビなどの原因となってしまうことがあります。

まとめ

日焼け止めを習慣にして、清潔感のある美肌を保ちましょう!